蜂の巣は小さいうちに駆除|嬢王蜂をやっつけろ

女性作業員

安全にハチを駆除する方法

住宅

自宅周辺で多くのハチが飛んでいたり、ハチの巣があるのを見つけたら、自分でハチ駆除しようとしたりせずに業者に依頼する方法がおすすめです。業者を選ぶ際にはハチ駆除業者の人気ランキングを参考にすると便利です。

詳細を読む

ハチの巣を発見したら

2人の男の人

ハチ駆除は専門的な道具や知識、経験も必要になります。一瞬のミスが命に関わることも考えられます。困ったら独断で判断するのではなく、まずは専門家に相談してみることで安全に巣を取り除くことができるでしょう。

詳細を読む

厄介なハチを駆除するには

家

ハチ駆除は自分で行うと大きな危険を伴います。スズメバチなど毒を持ったハチに刺されて死亡するケースも多々報告されています。その為、行政の窓口へ相談することや、ハチ駆除の専門業者へ依頼を行う事によって、ハチに刺されるリスクを回避しつつハチ駆除を行う事が出来ます。

詳細を読む

生活を脅かすものを排除

蜂

誘因捕獲剤を使う

蜂の退治は、未然に防ぐようにすることが大切です。蜂は女王蜂だけが越冬して春先になると飛び回るようになります。春先に家や庭の周辺で飛んでいるということは、これから夏に向けて巣作りが始まることが予想されます。巣は出来始めでも小さいうちなら比較的除去が簡単ですが、大きくなると除去が難しく蜂の数も増えるようになります。秋以降になると巣は空になり、女王蜂以外は全滅するので巣を撤去する場合は秋以降になります。出来るだけ早く退治して巣が出来ないようにするためにも、春先に飛び回っていたら誘因捕獲剤を使って捕まえると良いです。庭の木などに誘因捕獲剤をつるすだけで、女王蜂を捕獲できるので被害を未然に防ぐことが出来ます。

防護服を用意する

蜂退治で気を付けたいのが、刺されるということです。種類にもよりますが、スズメバチの場合は攻撃性が高いので専門業者に駆除してもらうか自治体が行っている駆除を依頼する必要があります。アシナガバチの場合、大人しいため派手に行動しなければ刺される危険性は低いと言えますが念のため防護服を用意するほうが良いです。自治体ではアシナガバチの駆除は行っていないというところも多いですが、退治するための防護服は貸し出ししていることがあります。持ち合わせの服でも防護できそうなものであれば良いですが、自治体で貸し出しをしていればそれを借りるほうが安全です。蜂の動きが弱まる夜間に作業をすれば刺される可能性も低くなると言われています。

Copyright© 2016 蜂の巣は小さいうちに駆除|嬢王蜂をやっつけろ All Rights Reserved.